2007年09月03日

ネオブライス・プチブライス

ブライスドールの歴史はこんなとこでしょうか。

ブライスドールはヤフオクでもたくさん売買されていますし、ブライスのサイトやブログもたくさんあるので見たことある人も多いと思います。
パルコのブライス広告は有名ですから、そちらで記憶している人も多いかもしれませんね。

広告なんかで見るブライスはアップだったりして、実際のサイズがよくわからないって人が多いんですけど、ブライスのボディは基本的にはリカちゃん人形と同じサイズで、リカちゃんのドレスも一部流用できるらしいです。

大人向けのファッションドールでしたが、小さいサイズのプチブライスや食玩のブライスなんかもあるおかげで、最近では子供にも受け入れられているようです。

しかし、身体のバランスに対して頭が大きいということに拒否反応を示す人も多いらしく、人形好きの全ての人に受けているというわけでもなさそうです。
まぁ人それぞれ好みがありますもんね。そんなの当たり前です。

ブライスドールのように身体に対して大きな頭を持つ人形は、他にもあります。
プーリップやブラッツなんかがそれですね。
2005年ころにバービー人形のヘッドサイズが数ミリ大きくなったらしいですが、それはブライスの影響だ、なんて言われているそうです。

ブライスにはヴィンテージとレプリカに大きく種類が分かれますが、レプリカの中でもさらにネオブライス、プチブライスなんかに分かれます。

ネオブライスは28センチ、プチブライスは11.2センチとサイズが違って、大きいサイズのネオブライスのみ目の色が変わるようになっています。
プチの方は目の色は変わりませんが、まぶたが下りるようですね。
2004年の復刻から、2006年までの間で販売に伴って仕様が若干変わっているようで、初期と後期では印象が違って見えるものもあるみたいです。
posted by ブライス at 18:49 | TrackBack(2) | ブライス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。