2007年09月14日

ネオブライスの魅力

20070802_16873.jpg
さて、ブライスが『エクセレント』『スペリオール』『ラディエンス』など形を変えて私たちにさらに違った魅力を伝えてくれたことを語ったわけですが、その中で『ラディエンス』についてもう少し追記してみたいと思います。

ラディエンスは『スペリオール』と比べると目の穴が大きく、鼻や口元のラインが柔らかくなっており、全体としては幼くあどけない表情なのが特徴ですね。
そもそもラディエンスとはどんな意味なのかというと、「輝き」という意味なのですね。素晴らしい!


ブライスはカスタマイズができる大人のファッションドールという話はしましたが、では具体的にはどんなカスタマイズをしているというのでしょうか。

ネットで調べたりすれば、ブライスのショップ情報なんかもすぐ出てきますから、簡単に分かるかもしれませんが、一番多いのはやはりファッション(洋服)に関するカスタマイズですね。

もちろん髪型を変えたり、顔を削って表情を変えたりというのもありますが、手作りの洋服を作って着せ替えるというのがファッションドールの醍醐味でしょう。

自分では決してしない服装なんかもブライスだったら着せ替えて楽しめますから、自分の分身としてこんなに楽しいことはありませんよね。

ファッションに関しては、テーマを決めて作るのが多いようです。

例えば、お姫様のようにしてみるとか、浴衣を着せて夏をアピールしてみるとか、はたまたミュージシャンのようにして舞台衣装を着せてみるとか。

ミュージシャンなんかでは、その音楽のジャンルごとでさらに分類されていたりしますからね。
パンクロックであったり、歌姫風であったり、などなどetc。

憧れのまま、想像のまま、それを表現できますから、自分の好みで楽しむことができますね。
posted by ブライス at 13:29| ブライス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。