2009年11月10日

ブライス日記

ブライスドールってご存知ですか?
ヤフーオークションなんかで着せ替え人形として人気のある大人のファッションドールですが、ブライス(Blythe)ドールは、1972年にアメリカのケナー社(Kenner)から発売された人形ですね。
その後、2001年にタカラからレプリカが発売されています。

着せ替え人形というジャンルで、大人向けのファッションドールとして、定価も一万円前後というけっこう高めの金額で、販売されている人気の商品ですが、ブライスははじめから人気があったわけではございません。

この商品が出た当初、デザインはケナー者に所属していたアリソン・キャッツマンがしましたが、その際に子供が親しみやすいように身体に比べて大きな頭を持ち、頭の後ろから出ているひもを引っ張ると目の色が4色に変わるギミックを組み込んだものとして生産されました。

約三頭身の身体、グレープフルーツ大の大きさの頭をもつブライスでしたが当初は人気が振るわずに、わずか一年で生産が打ち切られてしまったのです。

2000年にジーナ・ガランによる写真集が出版されて、その後パルコのキャンペーンなどに使用されたことから日本での人気が高まり、タカラトミーからレプリカのネオブライスとして復刻されました。

また、日本での復刻を経て、アメリカでも続いて復刻版が発売されましたね。

大人向けのファッションドールであることから愛好家も多く、ブライスに着せる服を自分で作り、紹介・販売などを行う人やサイトも多く、ヤフーオークションなんかでの売買も盛んでございます。
posted by ブライス at 23:52| ブライス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。