2009年11月10日

ブライス日記

ブライスドールってご存知ですか?
ヤフーオークションなんかで着せ替え人形として人気のある大人のファッションドールですが、ブライス(Blythe)ドールは、1972年にアメリカのケナー社(Kenner)から発売された人形ですね。
その後、2001年にタカラからレプリカが発売されています。

着せ替え人形というジャンルで、大人向けのファッションドールとして、定価も一万円前後というけっこう高めの金額で、販売されている人気の商品ですが、ブライスははじめから人気があったわけではございません。

この商品が出た当初、デザインはケナー者に所属していたアリソン・キャッツマンがしましたが、その際に子供が親しみやすいように身体に比べて大きな頭を持ち、頭の後ろから出ているひもを引っ張ると目の色が4色に変わるギミックを組み込んだものとして生産されました。

約三頭身の身体、グレープフルーツ大の大きさの頭をもつブライスでしたが当初は人気が振るわずに、わずか一年で生産が打ち切られてしまったのです。

2000年にジーナ・ガランによる写真集が出版されて、その後パルコのキャンペーンなどに使用されたことから日本での人気が高まり、タカラトミーからレプリカのネオブライスとして復刻されました。

また、日本での復刻を経て、アメリカでも続いて復刻版が発売されましたね。

大人向けのファッションドールであることから愛好家も多く、ブライスに着せる服を自分で作り、紹介・販売などを行う人やサイトも多く、ヤフーオークションなんかでの売買も盛んでございます。
posted by ブライス at 23:52| ブライス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

ブライスが可愛すぎる件

ブライス4.jpg
今日もブライスの画像をいただいてきましたよ。
ブライスってホントに可愛いですよね。
なんでこんなに可愛いんでしょうか。もはや虜ですよ。

今日のブライスちゃんもため息が思わず漏れてしまいます。
基本的にここのブログでブライスの紹介をするのは、わたしがネットサーフィンをしていて、ハートを打ち抜かれたものしか紹介していないのですが、今日のは凄い。いや、今日のも凄い。

パジャマテラカワユス

完璧です。パーフェクトです。エクセレント。

1ミリも隙がないこの構図に加えて、妄想を駆り立てるこの状況。
どんぶり3杯とはよく言ったものですね。(←どうかしてる)

このブライスちゃんをどのようにみなさんが受け取るかは自由だと思うのですが、わたしは妹的な印象を受けました。……変?そんなのわたしの自由だー!

隣に寝ているクマさんが女の子らしさをアピールすると共に、そこから妹オーラを感じているのかもしれません。

『……ねぇ。一緒に寝ていい?……ダメって言っても寝ちゃうもん!』

なんていう歴史的金言を残していたとしても何ら不思議はありません。むしろ不思議なのはわたしの頭の中。

この絶妙の表情に加えて、絶妙の髪型。

崩れた服も露出した肌も捨てがたいところですが、なんと言ってもこだわりを感じるところは、顔のそれぞれのパーツとノーメイクであること。

顔のパーツが完璧にわたし好みであることは前提条件として、この無防備感が漂うシチュエーションにはノーメイクが必須。
そして寝てるときってこんなんだよねって感じの髪の毛。

あえてもう一度言おう。完璧であると。ディモールト完璧。

こんなブライスがいてくれたら幸せですよね。
posted by ブライス at 13:38| ブライス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブライスは和服も似合う

ブライス.jpg
ブライス画像またまたいただいちゃいましたッ☆

ブライスってけっこう洋服が多いですよね?
たまに和服も見かけますけど、それでもちょっと少ないかな〜って思ったり。

そんなときに見つけたこのブライスちゃん。

もうね。

こ の ブ ラ イ ス は 俺 の 嫁


キました。久しぶりにキましたよ。
ツボにはまりすぎてどこから褒めていいのかわかりません。

まずは和服からいきましょうか。
ブライスマニアとして、日々ブライスの画像をネットサーフィンで探しまくっていますけれども、そもそも和服が少ない。
夏場なので浴衣っぽいのはたまに見かけますが、ガチの和服は少ないんですよ。
さらにこの赤ですね。
ブライス自体が素晴らしいのは分かりきっていますが、この髪型のブライスには赤の和服しかないんですよ!(拳を振り上げて力説)

そう、逆に言えばこの和服にはこの揃えた前髪のストレートでロングな黒髪が必須。
前髪のラインもまゆ毛がちょうど隠れるくらいがベスト。つまりパーフェクト。
もみあげが長さが違って段差になっていますが、いいんですか?いいんです!
これがいいんですよ!ホント作者はわかっていらっしゃる!

そして落ち着いたこの雰囲気にマッチするこの表情。
明るすぎなくて、でもけっして暗いわけではない。影を持つ一歩手前のこの表情がたまらんのですよ。
大人の女性が持つ厳格でいながらも品のある眼差しをブライスで見ることができようとは!

いやまったく今回も恐れ入りました。
こんな感動を味わえるからブライスはやめられません。

ちなみに後ろのセット?もけっこう凝ってますよね。
芸が細かいのも作者のこだわりなんでしょうね。ステキすぎます。

明日からも頑張ってまたわたしのハートを射抜くブライス探しをしてきます。
posted by ブライス at 13:36| ブライス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。